なっつなつのあつ(ver.2018)

どうもお久しぶりです
投稿をしているとばっこし勘違いをしまして期間が開いちゃいました(伝統芸)
ていうかちゃんとイベントごとに更新しているのに仕事してないって言われるのはなぜなのか…
その謎を解明するために、筆者は秘境アマゾン奥地へと向かった………

 

(2018年10月2日追記)

本当に更新しとらんかったわすまんな✋

 

ということで相も変わらずなのですが、7月8月9月のサークルの様子をとろとろと吐露していくことにします(渾身のギャグ

 

7月

暑い!

梅雨がない!

テスト!

単位!

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいやあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(ry

 

では8月です

 

嘘です7月です。

テストっていやですよね。分かる。(自己肯定
いやテストはいいんですよ別に、勉強すればいいんですから
テストっていうより「テスト期間」っていうのが嫌いなんですよね(分かるわポイント8000兆点優勝)

53期にとっては留年ダービーが開催されており(3名)

54期にとっては、って言おうと思ったんですけど、みんな話を聞くところによると成績優良らしく、留年どころかトップランカーかぁ???っていう感じなので僕は許さない絶対に許さない絶対にだ

 

う…うぅ……ああぁぁぁ………(嗚咽

 

ちなみに成績が良くないと希望の研究室に行けないっていうのは理工公認サークルのぎたーる()にとっては密接にかかわってくる重要案件でありまして、その点に関しては、安心できる54期はとてもいいと思います。同期で留年しそうな人がいないのはアド

55期にとっては初めてのテストだったと思います。
文系のテストの感覚はあまり把握できてはいないんですが、理系文系ともに大変な時期だと思うので、等しく労いましょう。みんなお疲れや(ビールの絵文字)

先輩は過去問を渡すための生き物っていっても過言ではないので、もし同じ系の先輩がいたら骨の髄までしゃぶる勢いで利用していくのがベスト。過去問は…いいぞ…

 

テスト期間なのにレポート課題も提出させてくる教授は頭がおかしい

 

では8月月例に行きましょう

某TDHDTS君がハチに刺され、しかもそれとは別に扁桃炎にもかかるというマジに泣きっ面に蜂案件になり、お休みするという悲しい事件がありました。扁桃炎はまじできつい

結果8月月例の全体の曲数が半分になるという大惨事も大惨事。

これが後世に伝えられるであろう津田の乱というものですねはい

あたりは一面焼け野原。おーいどーすんでぇい!(突然の江戸っ子)

とまあそういうことがありましたが、月例会の内容的には結構よかった印象があります。

みなさん、いい笑顔です

OBさんの集合写真もいい感じ

ということでいつものことですが軽い感想コーナー

まずOpus-1310
初めての独奏ということもあり、かなり緊張しているのが見ている側にも伝わってきました。私も緊張して手が震えてたと言われていたこともあり、こう映るのかと、そして人前で演奏するのはアガるよな…頑張れ…と老婆心のような感情が芽生えていました。
これから頑張っていってほしいです
期待のホープ

 

次はラムネ水のワルツ
いい曲~↑↑↑
ゆりちゃんの選曲がセンスありすぎて困っちゃってる勢筆頭
大体曲が終わった後はOBさんたちと目が合って「めっちゃいい曲じゃね?(ニヤニヤ)」っていう空間が発生しています。
こういう曲調はクラギとべらぼうに相性がいいのでぜひこれからも聞いていきたい

made in france

バクシーシwwww(爆
いやぁ死にましたね
緊張も相まって早いのなんの
曲の難易度的にはF難度くらいある曲で4重奏なのに全員ソロパートがあるというおにちく難易度
でもすごい楽しかった
どうしてもやりたくて自分で編曲までしちゃった曲に付き合ってくれたOBさんたちには僕はとても感謝しています。
練習していた期間も含めて重奏してる!っていう感じがとても感じられた重奏でした。
機会があればまたやりたい曲の一つです。54期ぃ…やろうぜぇ…(暗黒微笑

 

次はLoad to

ギタプロのローンチ音は笑っちゃいました
そしてそこから繰り出される練度の高さ
まじパネェっす(うわうわうわって思いながら見てた)
いやあそこまでまとまったリズドンはそう聞けるもんじゃないっすよほんとに
youtubeにあがってる外国人兄貴とタメ張れんじゃないかってぐらい
シンプルにカッコよかった

次は少クラですが、SPINが良かった。以上だ…

 

毎度ブレてるの笑うんだよな

そして山口メンバー

バンドもつつがなく終わり、楽しい8月月例会は幕を下ろしました

 

 

 

うーん1か月前の僕GJ!

とまあコンマスよろしく?ということで下書き状態のまま夏合宿期間放置プレーをぶちかましましたブログ係です。

本当はKNK君が書く予定だったのですが、その実仕事をしていないのは僕だけだという現実に直面し、しょうが⤴ねぇ⤵なぁ⤴ということで書いています。(2敗

 

 

いやぁ夏合宿

きっっっっっっっつ!!!

辛すぎてつららになってしまった
つらたにえんのむりちゃづけ(梅しそ)

一般的なサークルの夏合宿というものはその実本来の活動よりもキャッキャうふふなイベント盛りだくさんでうぇいうぇいしているはずなのですが、いやーいつにもまして練習が激しかったですね(遠い目

僕も1年生の頃はそう思ってましたよ…花のキャンパスライフ…そして楽しいサークル合宿…

 

 

まあ理想と現実は乖離するものっていうのは世の常なんでね。どんまい

 

この写真めっちゃ好き

夏合宿で改めて感じましたが、みんな仲がいい
53期なんか夏合宿明けてからまともに話し出していたのに、54、55期は合宿来る前から仲が良くなっていて驚きですね。
54男なんか自分たちの部屋にボドゲ持ち込んで夜な夜なやってましたし。
どや顔コーラス君はブロリーのモノマネを披露していました(なお本編は見ていない模様)
55男は1階で宿泊していたのであまり様子はうかがい知れなかったのですが、楽しくやれてたんじゃないでしょうか(適当
毎日ホールから夜遅く帰ってくるとしゅんちゃんがロビーのソファーで寝てるのは草

そしてわかってはいましたが、人数が多い!
おそらく近年では過去最大の人数なんじゃないでしょうか?
ホールがギターケースで埋まるとはおもわなんだ…
そうめんイベントの際は麺が下まで来ない
花火イベでは煙で前が見えない
月例会では座布団が足りない
そもそも部屋がなくて55男が1階に行く


いや人数多い

 花火は賑やかで楽しかった



アホなことをやりだす男たち

この写真見てしぬほど笑ってる
なんでこんなともかちゃん消え入りそうになってるのwww

 

人数が多くなることでにぎやかになる一方で、とんでもない事態も発生してしまいました…

月例会 80曲の乱

いや実際は76くらいなんですけどちょっとくらい誇張させて
TD君がいないのにこんな曲数になるのおかしいよ月例会こわれちゃう

まずこんな曲数になった経緯を考えたのですが、結局人数が多くなればなるほど単純に曲数が増え、そして人と人との組み合わせの数も増えるので、こんな演奏会界では天文学的な数字の曲数が並んだのでしょう…

その証拠に持ってきたビデオカメラの撮影可能時間の4時間半を軽く超え、自前のスマホでとらざるを得なくなってしまったくらい。スマホこわれちゃう

 

なので曲に対しての感想なのですが、特に印象に残った演奏を中心にやっていこうかなと今決意しました。曲が多すぎるんじゃ

独奏は全員書きます
重奏は印象に残ったもので

 

まずは2年合奏曲Wild Stallions

とんでもないもんぶっこんできました
馬が疾走する様子を思い浮かべながら聞いてくださいという前口上をはるかに超えてくる圧力
一体感というところに関して、そして何よりも編曲が素晴らしい
自然とOBたちがスタンディングオーベーションですよ
しかも最後にパーカッションを入れてくるあたりの遊びもとてもよかった
びっくりしてビデオに笑い声が入っちゃったはすまん

 

次は桜・咲くころ

ぶっちが演奏してくれたこの曲、僕的には55期の独奏のなかで一番曲と演奏方法のバランスが合わさってたと思います。
この時期でああやって観客からみて落ち着いた演奏ができて、なおかつ様々な技法をこなせるのはうまい
僕的にはクラギにこだわらずアコギでの独奏も増えてもいいんじゃないかなって思った一曲です

 

海の見える街

いろいろとこだわりがあるんだなと
あとは普通に演奏がうまい。
こういうこだわりを持ったうえで演奏に反映することはなかなか難しいんですが、それをきちんとこなしてくるあたりレベルが高い

 

チングルマの詩

前半と後半で曲の雰囲気が変化してくるのはズルい
あとメロディックでエモさがすごい(語彙力のなさ
あといい音なんだよなぁ…うまいよ
本人は意識しているかはわかりませんが、きちんと抑揚のついたメロラインが聞いている人を揺さぶるんですよ
もっかい聞きたい曲

 

Faire

早い笑
のっけの速さを聞いてまじかとOB含め僕はざわつきました
確かにミスは多かった
しかしその一つ一つは練習によって、そして初めての独奏というところで滲み出てきたものだとわかるものでした。
こいつめちゃくちゃ練習したんだろうなっていうのが伝わってくるのは、それなりに練習をしてきている人でないと伝わってこないものです。
なんで現役最後の月例会ではじめて出すんや…
人前での演奏になれればかなり化ける力があると感じさせられた演奏でした。

 

11月のある日

着々と成長を感じる
最初のころと比べたら見違えるほどうまくなってるし、曲に対しての自分のこだわりというものを出してきてくれたのかなとも思いました。
前半部分の甘い感じがもっと良くなっている
いいぞいいぞもっと上手くなれ
あとこれは内輪の話ですが、爪は大事にしましょう

 

i do

もとの楽譜と演奏と曲をしっている自分からしたら、よく弾いたなと思ってました笑
知らない人はhironouでyoutubeで検索かけてみてください。
もともとの難度でいえばこの月例会のなかでおそらくトップ争いをするような曲
いい演奏でしたが、同時に奏者のもどかしさが感じられる演奏でもありました。より完成度を高めたこの曲を聞いてみたい

 

Lagrima

演奏中カメラ係ぼく「どこいくねーん」
はい、正直泣いて演奏を後回しにした人は初めて見ました笑
演奏自体はやはり緊張が抜けないのだろうなと思います。
前回に比べたら順当にうまくなってる
個人的解決法としては、「この曲に関しては俺はこの中で一番うまく弾ける」っていう根拠もくそもない意識ですが、これを持っているとふっと我を取り戻すことができます。緊張しているときはなにかと自分の意識というものが浮いてしまうものですが、それを落とすためにも何か自分の中に杭のようなものを持っておくとよさげ

 

A Whole New World

この曲を好きなんだなという気持ちがとても伝わってきました。
初めての独奏で自分の本当に好きな曲を弾くのはすごい良いことだと思います。
しかも演奏もよかった。なにより音がはっきり出てるから映える。
はっきり音が出せる人はその分ミスが目立ってしまうのは53万年前からわかっているさだめなので、そのミスを塗りつぶせるくらい頑張ってほしいと本当に思います。
あらまゆをはじめ、上手くなった人にはちゃんとうまいって言っていくようにします。
次の独奏めっちゃたのしみにしとるわ

 

Opus-1310sunburst

うっっまw
上手くなってるとは思ってたけど正直ここまでうまくなってるとは思わなんだ
音質に関してはまだ詰められてないにしろ、ポストまいまいの枠は高橋になりそう
opusは楽譜にある一部分をずっと弾いていない個所があったので、ちょっと確認してみてほしい。
sunburstにかんしてはもう勢いしか感じなかった。
突き抜ける光、それに照らされる空気、やっぱこの曲はその勢いがないとなって演奏を聴いて感じました。
もっと上手くなる。次は音質へのこだわりを持っていくと良いと思います

Felicidade

なまじ上手いからもっと求めてしまう僕のことを許してほしい
この曲を楽しそうに弾いてる人なかなかいないっすよ
でも前回からあまり変化してなかったのは感じました。
っていうのもこの曲そもそも出すつもりなかったっていう
オジサン的にはししょーのセンスはピカイチで、こだわりを追求しまくって欲しい
そんでししょーの演奏じゃないと満足できないって周りに思わさせてほしい。
そういう風になってほしいです。

 

アルハンブラ

ひぇぇトレモロ
クラシックギター界隈では有名なこの曲ですが、その実演奏するためには特殊な奏法が不可欠なため、弾くことがなかなか難しい曲です。
その曲を弾いてくれました(拍手)
本人曰く途中はしょったりしちゃったなどなど、あまり出し切れなかったようなのですが、聞いているこちらからすれば些細なものに感じます。それくらい繊細なタッチで音を奏でていたしやっぱ丁寧
出し切れなかったのなら今度の月例で聞かせて♡

 

自分の独奏を説明するのは恥ずかしいので簡単に

ベネズエラ
だれか弾いてくれめっちゃいい曲なんだ…
どちゃくそムズムズ曲ですが、イキってる厨二感と何とも言えない寂寥感がにじみ出ている曲なので、弾いていて楽しい
ただうまく弾けない
多分本当にじじいになっても弾いてる曲だと思います。すこ

 

バーデンジャズ組曲1番シンプリシタス
やりきった
多分現役中っていうか今まででの月例会の中で一番楽しく弾けて、完成度も高くできた曲だと思います。
この曲を聴いたとき、まずこの曲えろくね?と
前半のあまあまメロディのところはひたすらそれを表現しようとしてましたね。
後半は勢いとノリです。大事だゾ
私事ですが、私は51期の海野さんを目指してこのホールで演奏をしました。
技量は届かないにしても憧れに手を伸ばすということは大きく自分の経験になったと思っています。

 

 

長々としゃべりましたがここからが本番(ここまでで5300文字)
これから重奏に入ります。

 

まずは黄昏
スライドが効いていて良かった
ぶっちのハイフレの音が音圧十分で心地よく聞けました。
多分メロディを弾いていく専門に特化するのもいいかもしんないとも思いました。
のびしろですねぇ⤴

 

甲賀忍法帖
なんやこれ完成度たっか
55期を含めた重奏とは思えないくらい個人のレベルがべらぼうに高くて聞いていてワクワクしました。
とにかくいい演奏だったことに間違いはありません。
小野川が組んでる重奏大体すごいんだよなぁ…
55期の2人には期待です。

 

激情メランコリック
やけくそめらんこりっく

 

zita
これはもともと少クラに出す予定で練習していたものを重奏枠に落としたものです。
上手いよもうやめてくれ(本心
かねこ君の中音域の速弾きは圧巻の一言。
もっさんは音の強弱における表現がピカイチ
ししょーとひなこちゃんは安定していて信頼できる感が半端じゃない
曲の調がマイナーなことも相まってクールさが天元突破していました。

 

Screen
耳に残ってしょうがない
とても印象に残っている演奏の一つです。
4人それぞれの良さが表れているのがとてもよかった。
なんていうか、僕のつたない言葉で申し訳ないのですが、エモかった
ちょっと泣きそうになった
てか聴いてる人にその情景が映るだけですごい演奏なのでは…?

 

ライナス
ししょーが楽しそうでなにより
多分一番笑顔だった

 

スワン
ともさんがこんなにきれいな音が出せるのかと驚いた曲です。
ただ高音が聞こえるのではなく、その音に温かみがあるのがすごい。
バスギ重奏ということで安定感しかないしなんか誰も入り込めない感が仲の良さを表しているのかなと思いました。
いい演奏でした。あとやっぱスワンいい曲

 

光の街
ふぁーーーしゅごいのおおおお
カッコいいそれに尽きる
3人が3人とも音楽を弾いていたんですよ(哲学
くぁズルい。自分も弾きたいと、弾いてみたいと思わせられたのが非常に負けた感があって悔しいです。

 

Danza Cubana
別名Cuban Dance
こういう曲僕大好きなんです分かれ
無茶ぶりに付き合ってくれたもっさんにはありがとうの一言を

 

ラムネ水のワルツ
はいーゆりちゃんの選曲センスぶちかまし曲1曲目です
聴くのは初めてではないですが、やっぱいい曲だってしみじみ思います
より完成度が高まったこの曲をホールで聴けて良かった。

 

Light Dance
はいーきました選曲センスぶちかまし2曲目です
この曲でゆりちゃんがめちゃくちゃうまくなっていることを確信しました。
一つ一つの音の丁寧さときれいさがべらぼうにうまくなっており、それがこの曲とまぁマッチしていると
次出す重奏曲がなんなのか楽しみでしょうがないOB勢です

 

情熱大陸
ついにギターがなくなった。
バイオリンもピアノもうまくておじさん思わず笑っちゃったよ
だって分かりやすいサビから始めると思ったら、ちゃんとフルで弾いてくるもんだもん
ハンパないってほんと先言っといてや
イントロあたりですげぇwwwと声を出してしまい申し訳ありませんでした(2敗目
バイオリンは強いっすねやっぱ
ピアノもうまい
もう申し分ないです。もう一回聞かせてほしい

 

砂漠の石
完成度高すぎ高杉くんになってしまった
2人ともうまいのは分かってたので自分の中のハードルを結構上げていたのですが、普通に越されちゃいましたね
やっぱOBってすごいなって思わされた一曲です

 

風のサンバ
もう意味わかんない(誉め言葉
いや本当にいみわかんなくて草
なんでこんなに世界観を作り上げてくることができるんですか小一時間問い詰めたいと思うくらいに完成度が高かったと感じました。
僕的には今回の月例会で一番良い演奏だったと思います。
弾いてみたい…くそぅ……

 

リズドン
先輩たちに憧れて、追い求めて練習をしていった曲です。
なまじ上手い52期の方々の前で演奏するのが怖かったですが、思い思いの演奏ができて満足です。嘘ですもう一回やりたい。
すごい楽しい重奏でした。またこの4人で弾ける日を待ち望んでます

 

書ききった
もう僕の語彙力が乏しいことも露呈してしまっていますし、ここらで筆をおかせていただきます。

夏合宿を終えた私たちはいよいよ本格的に定期演奏会にむけての練習に取り組んでいくことになります。
その間の様子もブログのほうには投稿していきますので楽しみにしてください

 

いろいろと書きましたが楽しかった夏合宿でした。反省として残していく言葉としては、

重奏を組む数は少なくして、一曲に取り組む時間増やしたほうがいいぞ…

ですね

 

55期

54期

53期

全体写真

53期の1年の頃の写真と3年の頃の写真の比較
ジャンプ力ぅですかね…

 

続いては金子君の総評です

 

 

はい。53期ブログ係の金子です。
よく分からないコーナーですがお付き合いお願いします。
高橋君のブログ評価していきます。

内容★★★★★

文章力★★☆☆☆

ユーモア★★★★☆

内容はとてもいいこと書いてますね。
皆を褒めて、曲もしっかり感想書いて高橋君の丁寧さ、ギターへの熱意をとても感じます。普段からもっと言えばいいのにね。

文章力ですが、もう高橋君が言っているのが伝わってきますね。
もはや文章力があるということかもしれませんが、ちょっと勢いがありすぎてうるさいので★二つで評価しました。

ユーモアはよく分からないけど見てると笑っちゃうから★四つです。

話は変わりますが、今回の合宿で一番好きな曲はリスドゥーンバーナですね。
弾いていた人たちは違うかもしれないですが、聞いてて迫力を感じました。

去年の先輩たちがとても上手だから、プレッシャーもあったでしょうに負けずと弾いていました!毎日夜練習してましたね、とても良かったです!

次のブログはMTO君に期待しましょう。

では、また秋合宿で…